大沼ねこひ日記

高崎→東京→北海道大沼へ移住したひさQの日記。夫婦で営む「三月の羊」にて、喫茶とギャラリーを担当

光と影


先日、夫と息子2がティータイムにヴィクトリアケーキを焼いてくれた。スポンジケーキラズベリージャムをサンドしたシンプルなケーキだが、過不足のない美味しさと、自宅の庭で栽培した手作りラズベリージャムの豊かさ。イギリス製の素朴なブラウン・ベティのポットでディンブラ(紅茶)を入れて久しぶりに4人揃ってゆっくりできたひととき。

エリザベス女王の葬儀の日のことだった。

テレビで葬儀の様子が映し出され、厳かな雰囲気と共にとても印象的だったのは、棺を運ぶ衛兵の方ひとりひとりから、公務という以上に、個人的な心からの哀悼の気持ちが感じられたこと。何かとても人間的なものが、そこに写っていた。列が心持ち乱れ、哀しみを湛えた表情と仕草。

イギリスというと、少しばかり鼻持ちならない言い回しで気取りやとっつきにくさを感じることもあるが、ここ数年は息子2との読書で、ドリトル先生パディントンロアルド・ダールの作品、ホームズなどの名作に触れ、身近に感じることが多かった。

アルバート公を亡くした先のエリザベス女王の哀しみを癒したと言われるこの素朴なスポンジケーキや今回の葬儀から伝わってくるものは、人間的で温かみのある文化で、イギリスの国民性に触れた気がした。

一方でその宝冠に散りばめられた大きすぎるダイヤや、紅茶の産地であるインドやスリランカを想うと、その栄光裏にはまた、濃い影を感じるものの、画面を越えて伝わってくる人の感情に訴えかける「何か」の量のすごさに驚いた。

赤木さんのファイルの写真を見た時に自分でもわけがわからず号泣した衝撃と通じるものがあった。何も説明されていなくても、詳細を知らなくても、画面を超えてやってくるものがある。

今回ケーキは息子2が中心になって作り、自分は少し手伝っただけだよ、と夫が言っていた。華やかでも立派でもない素朴なケーキを味わう時のような穏やかで充足した時が、みんなに等しくありますように。

リスの森・りんごの里


展示の切れ目なのでお店には来週行こうかな、という方もいらっしゃると思いますが、今大沼の森は見ごろです。

走り回るリス。澄んだ空気と美しい空。秋の草花。



チョウセンゴミシの実がツリーのように森を飾っています。足元にはクルミやドングリがたわわ。

そしてお待ちかね!りんごのタルトが始まりました。西洋リンゴ発祥の地、七飯町の特産品であるりんごを焼いた素朴な旬の味。間もなく終わるプルーンタルトと、運が良ければ2種お楽しみいただけます^^ りんごのタルトを作る時期は短いので、お食べ逃しなく!

 

琥珀色の

大変お待たせしました!大沼ガロハーブガーデンさんのハチミツ「盛夏バージョン」が届きました。ハーブ花蜜が中心の盛夏バージョン(オレンジラベル)は琥珀色が美しい濃厚な味。年によっては花粉ぽさが苦みになることがありますが、今年は芳醇な食べやすいお味でした♡

初夏バージョン(グリーンラベル)はアカシア蜜でさっぱり。


同じ農園、同じミツバチ群でもまったく違う季節の味をお楽しみいただけます。
通販では2個セットやパンセットもご用意しており、ギフトとしても人気♪
今年の仕入れはこれで終わり、なくなり次第終了です。



 

 

心地よい秋の日に


とうとう『りすとかえるのあめのたび』原画展も残り3日。初日からの週には植田さんが来て下さり、私にとっては夢のような日々でした。

マジックはまだ続いていて、今日も展示を見に来た方と絵本や絵の話に花が咲き、好きなものを紹介する喜びに打ち震えています。

今日はできたてほやほやの2023年カレンダーをお届けいただきました。


12枚の絵柄が順に出てくるスタンドタイプ。連載中の「暮らしの手帖」目次画と一続きの世界のような絵も見られます。


6月の絵は現在店内にある「石の記憶Ⅱ」とリンクしていたので一緒にパチリ。カレンダーはなくなるまで販売しますが、石の絵は18日までのお預かりなので、気になる方は店頭や通販をお早めにチェックしてください。

<9月18日まで受け付け販売>
「石の記憶Ⅱ」植田真 - 三月の羊オンラインショップ 
「あかりを灯す夢」植田真 - 三月の羊オンラインショップ  


 

 

9/10・11 帯広「SLOW living」にてお菓子販売


酪農の盛んな十勝では、道内でもいち早く洋菓子が作られてきました。
小麦の江別への里帰り的な「江別蔦屋書店」でのお菓子販売も嬉しかったですが、
今回は三月の羊で使っている「よつ葉バター」の会社があるよつ葉乳業のお近く帯広のSLOW livingさんでお取り扱いいただけること、大変嬉しく思っています。

SLOW livingは、「スロウ」を出版しているクナウパブリッシングの直営店で、会社の隣にあります。ただのアンテナショップではなく、道内各地の情報を熟知したスロウ編集部と直結しているところがポイントです♪ 厳選されたものを丁寧に扱っているお店の心地よさと幸福感がきっと感じられるのだろうなぁ。私も行きたい!


単品クッキーの他、今回の「買い」はこちら。焼き菓子BOXです♡
7種の味が楽しめるクッキーセットにラムラムも加わり、三月の羊のお菓子がコンパクトな中にギュッと詰まっている幕の内弁当的なセット。通常店舗・通販でお取り扱いがないので、見かけたらぜひ。10個限定です。

帯広の皆さん、よろしくお願いします!

そして…
大沼公園で11日(日)に開かれるイベントで大沼岳陽学校バザーにも羊がちょこっと登場。公園広場へ行けばどなたでもお買い求めいただけます。


こちらも特別仕様の「ラムラム」。サクサクしたメレンゲ菓子です。
地元の平飼い有精卵を使ったブラウンシュガーのイタリアメレンゲ
見た目の愛らしさだけでなく、味もイチオシですので、ティータイムやプチプレゼントにどうぞ!

20個限定なので、バザー会場で買えなかった方は、湖畔の三月の羊へどうぞ。


この夏息子1に手伝って描いてもらった看板







 

石やの旅・夏の旅~2022年その2


旅の後半は日本海側へ抜けて追分ソーランラインを南下。乙部町辺りの海岸線にはユニークな石場がたくさんあります。くぐり岩から海辺へ降りて、シラフラへ散歩。



シラフラ


柱状節理


見どころだらけなのにほとんどどこも人がおらず、贅沢で不思議な異空間を過ごしてリフレッシュできました。旅のおすそ分けでした。

石やの収穫も、少しずつ店頭に並んでいます。
「石がいいと言ったら並べる」そうなので、全部いっぺんには出ません。

明日も大沼の森でお待ちしています。

石やの旅・夏の旅~2022年その1


去年の夏旅と似た光景ですが、夏休みに車で約2時間、今金町の珍古辺川へ行きました。


今金町の町名にも「金」という字が入っているくらい、この辺りは砂金が採れる場所として有名で、今でも少し川に入るとキラキラしたものが見えます。
砂金採りには専用の用具が便利ですが、バケツの蓋で代用できないかと薄く広げてみましたが、あまりにも細かい!

近くに毎週来ているという手慣れた方がいて(本物の石やさん?!)、道具ややり方を見せてくださいました。


バーニングという専用の皿には、階段状の引っ掛かりが作ってあり、シャベルで掘り出し、ふるいにかけたものをここに広げ、揺すりながら光るものをより分けます。金雲母もあり、重さがあるものが砂金。かなり根気が要りそうなので、私たちは早々に諦め、息子2はおじさんの教えてくれたメノウ探しに夢中。


メノウはしっかり見分けられるようになったし、すばらしい川だったので、川遊びで十分満足しました。この後夫と息子2は本流へ降り、釣りでイワナ20匹ゲット。

私は足場が悪いので川には入らなかったけど、「ゴールデンカムイ」に出てくる風景がリアルに感じられてワクワクしました。

江戸時代から昭和初期まで盛んに砂金の発掘が行われたそうです。

その2へつづく☆